サイトの「マルチエントランス化」とは?

11.12

「マルチエントランス化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。「マルチエントランス化」という言葉はまだそこまでメジャーな言葉ではないかもしれません。しかしSEOでの集客を考えた際にはこの「マルチエントランス化」という言葉は非常に重要な言葉になってきます。

今までのSEO対策は被リンク偏重型のSEO対策が多かったのですが、現在主流になっているコンテンツ型のSEO対策ではことさら「マルチエントランス化」の考え方は重要になってきます。

 

例えば、当社HPでは現在「SEO対策東京」というようなキーワードで上位表示をしていますが、実際のアクセス解析を見てみますと「東京SEO]というキーワードで流入される方もいれば、「東京SEO会社」というキーワードで訪問してくれるユーザーもいます。つまり1つのキーワードだけで上位表示を達成し、そのキーワードのみで集客をするということではなく、

SEO対策東京、SEO会社東京、東京SEO

などの「周辺」のキーワードでも上位表示をすることによってサイトの入り口を広げることこそが「マルチエントランス化」ということになるのです。

今後のSEO対策ではこの「マルチエントランス化」ができているかどうかによってアクセスの母数が絶対的に変わってくることになりますので、その部分を考えSEO対策をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

カレンダー

2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る