(登録でお得な情報が受け取れます!)

映画「さんかく窓の外側は夜」を見れるVOD【霊媒師と霊能者な2人】

映画
映画

更新日:2021年2月9日

「さんかく窓の外側は夜」は、ヤマシタトモコ原作漫画を、岡田将生と志尊淳のダブル主演で実写化したミステリー映画。除霊師の男と霊が見える才能がある書店店員の男の二人が心霊探偵として事件に挑んでいく作品。除霊を行いながら殺人事件に関わっていく二人の活躍が描かれていきます。除霊師役を岡田将生、書店店員役を志尊淳が演じており、少しばかり近い距離間の探偵コンビの様子が楽します。

 

画像出典:「さんかく窓の外側は夜」公式サイト

 

■公開日
2021年1月22日

 

「さんかく窓の外側は夜」の作品紹介【あらすじ・キャスト・感想・評価レビュー】

「さんかく窓の外側は夜」のあらすじ

有能な除霊師・冷川理人(岡田将生)と助手の霊が見える書店員・三角康介(志尊淳)は、コンビを組み、依頼を受けて除霊する仕事をしていた。ある日、警察から1年前に起きた連続殺人事件の真相を解明してほしいと相談され、事件の調査を行うことになる。

調査に乗り出して間もなく遺体を発見するが、その遺体には呪いがかけられていた。そして「呪い師」である謎の女子高校生の非浦英莉可(平手友梨奈)が物語の鍵を握る。

タイトル さんかく窓の外側は夜
公開年 2021年
製作国 日本
ジャンル ミステリー/ホラー
キャスト 冷川理人:岡田将生
三角康介:志尊淳
非浦英莉可:平手友梨奈
非浦松男:マキタスポーツ
逆木一臣:新納慎也
三角則子:和久井映見
石黒哲哉:筒井道隆
半澤日路輝:滝藤賢一
半澤冴子:桜井ユキ
石井慶子:北川景子
スタッフ 監督:森ガキ侑大
脚本:相沢友子
原作:ヤマシタトモコ
製作:藤田大輔、福島大輔、田渕みのり
公式サイト https://movies.shochiku.co.jp/sankakumado/

 

「さんかく窓の外側は夜」の感想・評価レビュー

 20代/女性 ★★★★

原作がBLだと聞いたため、少しおびえながら観ましたが思ったより大衆向けで分かりやすく面白かったです。 幽霊やお化けだけではなく呪いなども出てきてある程度ホラーの怖さはありました。が、そこまで怖くはないです。

あとはキャストが豪華で、岡田将生さんと志尊淳さんの主演2人はもちろんかっこよくて綺麗だったのですが、滝藤賢一さんがとてもよかったです。 あとは元欅坂46の平手友梨奈さんも演技が上手で、引き込まれる役でした。 バディものが好きな人は面白いと思います。

 

 40代/男性 ★★★★

退色して古びたビルや事務所といった場面設定や、横浜のロケーションが雰囲気があって良い。平手友梨奈の写り方が非常に怖くて驚かされる。志尊淳の眼鏡君姿がそれっぽいし、眼鏡を外すとまるで別人のようになるのも凄い。

細かい設定がよくはわからないが、全体的にひんやりとして、ドライな雰囲気がとても良いのでその辺りは些細なことに思える。原作は先のあるストーリーのようなので、このままの主要キャストでの続編が見たくなりました。

 

 30代/女性 ★★★★

原作が漫画で、漫画から私はある程度ストーリー展開を知っていました。ですが、え?え?と思ってしまうぐらい原作とは異なる話の進み方に目が離せず、最後までドキドキしながら見ていました。

ちょっと怖いのが苦手な方には酷かもしれません。実写化って自分の側にもそういう人がいるんじゃないかと錯覚におちいります。それだけリアリティが出ている作品で、しばらくはトイレに行くのもなんとなく周りを確認してしまうようになりました。

 

 20代/男性 ★★★★

好きな女優さんが出ていて話も面白そうという理由で観に行きましたが、日本の映画っぽくない映像とストーリーで、CGも結構使ってて普段あまり邦画を観ない自分でも面白いと思った。結構グロいシーンもあるので、そういうのが苦手な方にはオススメしません。

個人的に少し残念に思ったのは、過去の話と今の状況が頻繁に細かく入れ替わるので、今どういう状態なのかが少し分かりにくい場面が所々にあった。終わり方的に続編がありそうなので、期待しています。

 

 10代/女性 ★★★★

正直原作とはテイストがかなり違うなぁと思いました。原作はキャラクター自身も明るかったり、世界観の方に重きを置いているなと感じたのですが、映画の方はキャラクター一人一人の生い立ちだったり、生きづらさ、辛さを主に扱っているので割と重めかなぁと思います。

あと、ちょっとグロいです。私自身は重い作品もグロ描写も平気なのですが、そういうのが苦手な人は避けた方がベターかなと思うくらいにはグロいです。

自分の環境とキャラクターたちの設定は大きくかけ離れてはいるのですが、今の世の中、例えばSNSの言葉の重みとか、簡単に口から出てしまうひどい言葉とか、そういうリアルな辛さは描かれているんじゃないかなと思います。共感できるシーンは多いのではないでしょうか。 ちなみに平手さん目当てで行ったのですが、個人的には滝藤さんの演技がすごく良かったです。

 

タイトルとURLをコピーしました