プライムビデオはどの端末で閲覧出来る?閲覧方法を詳しく解説!

プライムビデオを楽しめる端末を徹底解説!プライムビデオ
プライムビデオ
この記事は約7分で読めます。

Amazonプライムビデオは月額500円で動画が見放題という、とてもお得なサービスです。

Amazonプライムに入会するだけで利用できるサービスですが、プライムビデオを知らずにAmazonプライムに入会した方などは、どうやって見たら良いのかわからない、とお悩みかもしれません。

本記事では、Amazonプライムビデオが見られる端末とその特徴、またその閲覧方法までご紹介したいと思います。

 

VODサービスをお探しの方も、ぜひ参考にしてください。

端末単独で閲覧する場合

端末単独で再生出来るものを解説♪

まずはテレビなどを使わずに、端末単独で再生できるものをご紹介します。

パソコン

Amazonのホームページからプライムビデオにアクセスすると、パソコンからプライムビデオが視聴可能です。ブラウザでの再生となるので、WindowsでもMacでも再生できます。

残念ながらダウンロード再生はできませんが、手軽に利用できるので、パソコンで視聴しているという方も多いでしょう。

パソコンで視聴するデメリット
  • 画面が少し小さい
  • 持ち運びづらい
  • ダウンロード再生ができない
パソコンで視聴するメリット
  • 手軽に視聴できる
  • 作品選択画面が見やすい

スマホ・タブレット

スマホ・タブレットは最も利用する方の多い閲覧方法ではないでしょうか。

スマホ・タブレットで再生する場合は、ブラウザでの再生も可能ですが、Amazon Prime Videoのアプリを利用したほうが、断然閲覧がスムーズで快適です。

専用アプリは、Android、iOSどちらでもダウンロードが利用可能です。

手軽で持ち運びもスムーズ、ダウンロード再生も可能ということで、再生端末としては非常に優秀で、誰でも利用しやすい端末となっています。

ただし、アクション映画などを見る際は、画面が小さく迫力に欠けるなどのデメリットもあります。

 

作品のジャンルや状況によって使い分けると良いでしょう。

スマホ・タブレットで閲覧するデメリット
  • 画面が小さく、作品によっては魅力が少なくなる
スマホ・タブレットで閲覧するメリット
  • 持ち運びやすく、どこでも再生できる
  • ダウンロード可能で、オフライン再生もできる
  • 専用アプリがとても使いやすい

Fire タブレット

Amazonプライムビデオを閲覧する際に最も適したタブレットは、Amazonが販売する「Amazon Fireタブレット」です。

どちらも同じAmazonが提供するサービスなので、互換性が良く、作品選択画面も大変見やすくなっています。

本来タブレットでは、Amazonプライムビデオの動画をSD画質(VODでは最低画質)しか観られませんが、FireタブレットHDではHD画質(Blu-Rayなどと同等)で観られます。

Amazonプライム専用ではないので、HuluなどのほかのVODサービスも当然視聴可能です。

 

Amazonプライムビデオをメインで閲覧するのであれば、ぜひ購入しておきたい端末です。

テレビにつないで閲覧する場合

やっぱり画面が大きいと迫力が違います♪

パソコン・タブレット・スマホは、端末単独で再生できるのがとても便利ですが、画面の小ささが気になるところです。

映画やドラマは大きな画面で楽しみたい!という方は、テレビやスクリーンにつないで閲覧する、外付けの端末を利用するとよいでしょう。

簡単な初期設定が必要だったり、端末ごとに操作が違うというデメリットはありますが、Amazonプライム以外のVODを含めて、テレビやスクリーンの大画面で楽しめるという大きなメリットがあります。

端末によっては、インターネットを利用できるものもあるので、活用の幅はとても広くなります。

外付け端末を利用するデメリット
  • 端末を別途購入する必要がある
  • 簡単な初期設定が必要

 

外付け端末を利用するメリット
  • 映画やドラマを大画面で楽しめる
  • Amazonプライム以外のサービスを楽しめる(端末による)

それでは、Amazonプライムビデオを閲覧できる外付け端末をご紹介します。

Amazon Fire TV/ Fire TV Stick

Amazonプライムビデオを見るなら、まずオススメしたい端末がAmazonFireTV、FireTVStickです。

Amazonが開発、販売していることもあって、Amazonプライムビデオとの相性は抜群です。

プライム会員は、FireTV,FireTVStickをテレビのHDMI端子に差し込み、インターネットに接続するだけで、Amazonプライムビデオをテレビで楽しめるようになります。

操作は付属のリモコンで行うほか、最新バージョンでは音声認識にも対応しています。

Chromecast

Chromecastは、Googleが販売するメディアストリーミングデバイスのことです。

Chromecastをテレビにつなげると、テレビ画面に、対応VODサービスを映し出せるほか、スマホと連携させると、スマホの画面をテレビに映せるようになります。

もちろんChromecastは、Amazonプライムビデオにも対応しており、Chromecastをテレビに接続し、簡単な設定をするだけで、Amazonプライムビデオの動画がテレビで楽しめるのです。

 

操作は連携したスマホで行うので、リモコンがない、というプチメリットもあります。

ちなみに「Okグーグル!」で有名な音声操作も可能です。

対応VODサービスが多く、汎用性もとても高いため、利用している方も多いようです。

過去にはあまりAmazonとGoogleの仲が良くないためか、対応していない期間が長く続きましたが、2019年についにAmazonプライムビデオ対応となりました。

PlayStation4,Xbox one

ソニーが販売するPlayStation4、Microsoftが販売するXBoxoneでも、専用アプリをダウンロード、インストールすることで、Amazonプライムビデオの作品をテレビ・スクリーンで楽しめるようになっています。

本体価格がかなり高額であるため、すでに持っている、という方以外は難しい選択肢かもしれません。

しかしすでに持っている方は、PlayStation4.XboxoneでもAmazonプライムビデオ楽しめるので、別途端末を購入する必要がありません。

Apple TV

AppleTVはアップルが販売するメディアストリーミング端末です。テレビに接続するだけで、Amazonプライムビデオを含む、たくさんのVODサービスが視聴できるようになります。

そのほかにもApple製品との複合機能が多く、iPhoneがあれば、AirPlayという音楽配信アプリで音楽を流せるようになります。

ただし本体代金が他の端末と比べ少し高いため、Apple製品をたくさん使っている、という人以外は、FIreTVなどの安価な端末の方が良いでしょう。

Blu-Rayプレイヤー

VODサービスに対応しているBlu-Rayプレイヤーであれば、Blu-Rayプレイヤー以外の端末なしにAmazonプライムビデオが視聴できてしまいます。

Blu-Rayプレイヤー付属のリモコンで操作できるので、リモコンがかさばらず、テレビ周りをすっきりとした状態に保てるので、見た目を重視したい方には良いでしょう。

ただし対応しているBlu-Rayプレイヤーは決して多くはないため、敢えて対応プレイヤーを探すのであれば、安価な外付け端末を購入すべきでしょう。

スマートテレビ

スマートテレビは、テレビ本体にAndroidなどのOSが搭載されているテレビを言います。

テレビでインターネットができるため、アプリをインストールするだけで、Amazonプライムビデオも視聴できるのです。

スマートテレビ以外の端末必要なしにAmazonプライムビデオを観られるのは便利ですが、そもそもスマートテレビの種類が多くなく、価格も割高であるため、新しく購入するのであれば、安価な外付けを買ったほうが安く済みます。

 

気付かずに買ったテレビがスマートテレビだった!ということもあるので、一度ご家庭のテレビを確認してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました